見学日和♪

まわりを見渡せば毎日が社会科見学!さあ今日も行ってきましたよ!
<< とうとう開通!山手トンネルウォークで大橋ジャンクションに行ったよ! | main | [官庁ごはん]港区役所の展望食堂「レストランポート」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
改修工事に突入の警視庁交通管制センターにお邪魔しました!
どどーんと大画面!(50インチがいっぱいなだけです)
東京都の交通網を集中的に管理している、警視庁交通管制センターに友人を連れ立って見学に行きました。
このセンターは日本が世界に誇る新交通管制システムで運用されています。(所長さん談)
このシステムが1995年にできてから15年、今年の3月からモニタ部分がすべて取り替えられるという大規模な改修工事が始まったのですが、告知前にすでに見学を申し込んでいたので、改修期間中にもかかわらず見せてもらいました!

全部で縦5m×横25mの巨大スクリーンですが、これはすべて50インチスクリーンがはめ込まれているだけで、正面で72枚、左右がそれぞれ36枚、合計144枚のスクリーンで構成されています。
行ったときは左のスクリーンが白い幕で覆われていてみれませんでしたが、それでも正面の72枚スクリーンだけでも十分迫力があります。

ちなみに前回2006年にお邪魔した時はこんな感じでした。(左スクリーンも見えますね)
これは前回行ったときのフルスクリーン

東京都にある約15500台の信号機のうち、センターで管理しているのは約8000台。
同じく車の数、渋滞長、走行速度を計測する車両感知器が都内に17000台設置されていて、そのうち12000台は超音波式のものです。
速度10勸焚爾箸20勸焚爾世箸の情報は車両感知器から送られてきたデータを元に自動で表示されているのですが、実際の超音波式車両感知器を見せてもらいました。

管制センターに集まった情報をもとにして各信号は50秒おきに信号の周期を変わるストリーム方式をとっていて、車両台数の多い方向の青点灯時間を長くして反対側は短くするなどを管制センターのコンピュータで自動制御しています。
また、都内313カ所に設置されている案内板にもここから自動制御で情報を表示させています。

正面の巨大スクリーンにはそれぞれの幹線道路が表示されていて、工事中や通行止めのマークも出ていますが、ラインが赤くなっているところは渋滞・・・と言いたいところだけど、赤色は速度10km以下の状態、橙色は速度20km以下というように言うのだそうです。なぜかというと一般道と高速では渋滞の認識速度が違うからで、一般道では速度10km以下を渋滞と呼んでいるけれど、高速道路などでは速度60km以下が渋滞になるそう。
工事中などのマークがついてます

向かって右のスクリーンは表示される情報がいくつかに分かれてます。
例えば、右側はコンピュータに入力された渋滞や事故などの情報。左上に映し出されてるのは、センター内に飛び交ってる無線連絡の声や電話での連絡などを係員が記入した用紙、左下には交差点に設置されている監視カメラからの映像が表示されるようになっていて、渋滞を引き起こしてる場所などを切り替えながら同時に何ヶ所も見れるようになってます。警察無線はパトカーやヘリ、白バイから入ってきます。
向かって左面は改修中なので右面を入れてみました

スクリーンの下にあるテレビは真ん中だけが音声なしで常時NHKを写しています。これは災害情報が流れるのをチェックするため。それ以外のテレビでは監視カメラからの映像を写しています。

ちょうど見学コーナーの真上にあたる階には小部屋が並んでいて、交通放送をしているラジオ局のブースが入っています。ラジオでよく耳にする「警視庁交通管制センターから現在の道路交通情報をお伝えします」というのはここから発信しているのですよ!
ラジオ局のブースのさらに奥には日本道路交通情報センターのブースもあるそうです。

で、前回来た時は気付かなかったんですが、このスクリーンには、あちこちに主要なランドマークが図案化されて描かれておりました。
画面にはこんなランドマーク記号が。どこかわかるかな
真ん中は皇居ですね。江戸城と二重橋が描かれています。
一番下の「霞が関二」の左側にあるのは桜の大紋「警視庁」です。

管制センターは警視庁の管轄なので基本的に中にいるのは警察官です。テレホンサービスは道を知っている人が適任ということで白バイ出身のOBの方がされることが多いようです。1日に約200件もの問い合わせに対応しています。

センターの外に出ると、信号機が2台置いてあります。旧式のものとLEDのものです。
今までの信号機とLEDとの比較論
信号機は地上から5.5mのところにあるのですが、実際に目の前にするととても大きく感じます。信号機はの大きさは20僉45僂箸いΥ霆爐あって、日本のものはだいたい30僂砲覆辰討襪鵑任垢辰董
LEDの中の発光ダイオードの数は全部で192個あるということです。
LEDのほうが初期投資の価格は高いけれど、従来型に比べて熱を持たない、電球を取り換えることがないのでメンテナンスが楽でエコなんだそうです。ところが雪国でだけは熱を持たないLEDに変えたら信号機に付いた雪が溶けなくなってしまい信号の光が見えなくて苦情になったという逸話も。

ここでは、新交通管制システムとの連携するサブシステムについてもビデオで学べるようになっています。
東京都の交通事故を無くすための見えない仕事について大変勉強になりました。
リニューアルしたらまた見学したいものです。
| 官公庁・その他 | 10:00 | comments(6) | trackbacks(0) | houko |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
所長さんからご案内いただけるなんて、交通管制センターの見学って豪華ですねー。
そして、すごく楽しい見学だったようで、大変うらやましいです。

興味深い点がいくつもあり、写真もキレイで読み応えのあるレポートでした。

要所のマークで、ディズニーランドがそのままネズミマークだなんて、よくぞ気づかれましたねー!思わず、おぉっ!と唸ってしまいました。

私も機会があれば、ぜひとも見学しに行きたいと強く思いました。
| ちえり | 2010/03/13 9:55 PM |
大変丁寧なレポートで感激しました。
青柳所長のお話が楽しかったですね〜。落語のノリでした。
またご指名で行きたいです(笑

最近、自分でレポート書くことがなくなったので、メモの
用意をして行かなくなりました。今回の見学はメモを持って
いないことを反省しましたよ!
筆記用具とカメラはセットですね。そしてレポートを書く。。。
見学の基本にたち帰えらせて頂いた見学会となりました。

幹事さん、ありがとー。ご苦労様でした(^^)
| mitsuko | 2010/03/14 11:21 AM |
>ちえりさん

シンプルなんだけどリピートしてもその都度楽しめる気がします。
(見学ってけっこうそういうところありますよね)
ランドマークは所長さんがガラス越しにポインターで細かく説明してくれてたときにねずみマークも気づかせてくれたというか・・・
気軽に行ける所なのでぜひ。
| houko | 2010/03/14 8:53 PM |
>mitsukoさん

ぜひmitsukoさんもレポートしましょうよ〜。
いろんな質問でいい情報を引き出してるし、
一番いっぱいいい写真を撮ってるのに勿体ないですよ…。
ブログがダメならせめてmixiの日記でも。
写真だけでも見せてほしいといつも思ってます。
次からはmitsukoさんもメモを取って私のレポにダメだしして下さいね♪
| houko | 2010/03/14 8:56 PM |
詳細なレポートありがとう。
臨場感と感動がよみがえってきましたよ。
さりげなく存在しているあの建物の担っている役割の大きさと
社会への貢献度を理解することができて改めて「働く皆さんありがとう」
という思いに満たされました。
所長さんの信号愛はすばらしかったね。文字通り目がうっとりしてた。
新装オープンしたらぜひ話題の三○製のスクリーンの美しさに見とれてみたいです。
| ともとも | 2010/03/15 4:50 PM |
>ともともさん

こんなところにひっそりと…てな感じなのに東京の道路を握ってるすごい施設なんだよね。
所長さんのマニア度には見習うべきところがたくさんありました。
あのくらい愛さないとダメだよね(笑)
あれから信号機までチェックするようになったよ。なんかただ歩いてるのに忙しい(>_<)
新装オープンしたらまた行きたいね。
今度はANAと組みましょうか!w
| houko | 2010/03/16 1:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kengaku.jugem.jp/trackback/31
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 工場見学・会社見学へ
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
アクセス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND